ティラノビルダーで、色々を作った話 その1

今回は、初めてブログタイトルに近しいお話。

 

ことの始まりは昨年、友人との談笑時に、『ランダムアプリ作ってみない?』と誘われたことが切っ掛けでした。

 

それ以前にも、友人から『開発者探すのめんどくさいからシュミレーションゲーム作って』と誘われ、これもまた開発も引き受けていました。

 

ですが、シュミレーションゲームを作成するにあたって、どのゲームエンジンでの作成をするか検討しつつ徐々に先延ばしに逃げていた事もあり、ランダムアプリ開発することが決まったことで、真面目に開発を進めていくこととなりました。

 

ゲームエンジンを選定していく中で情報収集がしやすい、吉里吉里2やYU-RISではやや現代の水準からは古臭く感じてしまい選択肢から除外

 

Artemis Engineも検討しましたが、個人での利用は無料ですが、スクリプトエンジンは簡単に入手できるものではなく、入手するにはメールにて問い合わせ、もしくは公式のフォーラムへ参加する必要があるため、私個人ではハードルが高いと判断し除外

 

Artemis Engineですが、コンフィグにてボイスの音量調整可能と分かっている分、一番開発しやすいエンジンだったのではないかと思います。

 

ここのポイントが、これ以降、開発するにあたってボイスの音量調整問題で泥沼化する原因となったのです。

 

結果、シュミレーションゲーム視点での検討ではなく、ランダムアプリ作成視点でゲームエンジンを検討した結果、ティラノスクリプトに行きつきました。

 

ですが、ティラノスクリプトで使用するタグの一切を熟知していなかった為、ゲーム開発初心者でも簡単にドラッグ&ドロップの直感的な操作で開発することができるティラノビルダーで開発をすることができました。

 

最後の決め手はティラノスクリプトを直接記述することもでき 併用することでイメージしていた環境も実現可能と判断したからです。

 

あ、完全無料。商用利用にも制限なし。アダルトゲームの作成も制限なしというのも選考基準で大きかったです。

 

以上検討した結果、ティラノビルダーを起用し開発を開始しました。

 

ランダムアプリ開発の話は次回以降にまとめたいと思います。

 

 

 

 

 

 

【感想】HiBy R6 @Android 8.1 firmware update

毎度の事ながら、趣味の話です。

 

今年も残りわずかになってきましたね。

前回の更新がHiFiMAN様よりお借りしたSUNDARAの記事なので、結局本年度最後のインプレッションとなってしまいました。

また今年は、体調不良による金欠で手持ちの使用頻度が低い物を全て手放した結果、オーディオ関連の物が両手で数えれるほどの品数になってしまいました。

願望ですが来年は、HiBy R6 PRO以外にも、何本かイヤホンやヘッドフォンを購入したいと思います。

 

そんな振り返りをしている中、年の瀬に関わらずHiBy MusicよりHiBy R6に関してアップデート告知がありましたね。

早速アップデートしてみたのでその感想と個人的な注意点をまとめておきたいと思います。

 

今回アップデートするにあたって以下のサイトと動画を参考にアップデートを行いました。

 

 まずは、HiBy Musicのfacebookに記載されていたリンクよりアップデートに必要な3つのファイルをダウンロードしました。

 

ダウンロードしたものは以下の3点です。

 

(1) Qualcomm driver_V1.0.0_Setup.zip

(2) HiBy - Qualcomm EMCP FLASH download tool.zip

(3) HiBy_R6_1.0G_8.1_burn.zip

 

そのあとは、以下の動画を参照してアップデートを行いました。

 


HiBy WiKi EP12 - R6 Flashing 8.1 Instruction

 

アップデート前に、注意点をいくつか…

前提問題として、HiBy R6内のデータは全て削除されます。

それは、ローカルに入れていた楽曲も、お気に入りやプレイリストも削除されます。

 

もちろん、頑張って設定したイコライザやMSEBの設定もそうです。

 

私は、何も考えずアップデートしたので削除されました。

 

先人のアドバイスとして、電源ボタンとボリュームdownボタンでスクリーンショットが撮れるので、残しておきたい設定は、前もって画像に撮ってPCに避難させましょう。

 

 

それが、賢いと思います。

 

そして、アップデートの時のコツと言いますか、見落としポイントですが

電源を落とした後に、PCと接続し電池マークが表示した後に『電源ボタン』+『ボリュームupボタン』の長押しではなく

 

『電源ボタン』+『ボリュームupボタン』+『ボリュームdownボタン』で長押しです。

 

私も最初間違えて、ドロイくんが表示されて焦りましたが時間が経てば再起動されるので安心してください。

 

次に、COMですが動画をしっかり見ればわかると思いますが動画ではCOM3です。

 

f:id:chi-ipot:20181230013055p:plain

 

最後に…

 

現段階ではPCがないとアップデートはできません。

 

これが、一番の注意点です。

 

まとめ

 

色々、書きましたが失敗しても自己責任です。

私個人に、責はありませんのであしからず…

 

 

おまけ 

アップデート後に変更があった画面を紹介したいと思います。

 

バージョンがOreoに変更されたことによって、画面にOreoが表示されています。

f:id:chi-ipot:20181230132152p:plain

 

 便利ツールだったWirless Updateが削除されてる!!!

今後のアップデートに期待したいです。

20190105追加

Wirless Update機能ありました。

今回はショートカットなどはありませんでしたが、設定→システムにありましたよ。

 

f:id:chi-ipot:20190105172421p:plain

 

 ご覧のとおり見覚えのある画面が!!

f:id:chi-ipot:20190105172724p:plain

 

Wirless Update機能のアイコンんがなくなった分、Viaというブラウザアプリがインストールされています。

f:id:chi-ipot:20181230132206p:plain

 

 以前のオーディオ設定より一つ増え新たに『DSD gain compensation』

いや、この機能なんなんだろ…

f:id:chi-ipot:20181230132202p:plain

 

最後に音ですが、ちゃんとデバックを取れていない状態で、同一環境ではなく正確なことは言えませんが、Max volumeの設定が以前は60でしたが、今回は40へ変更しました。

 

以前よりボリュームが上がったように感じます。

 

またサッパリした音がよかったのですが、濃厚な部類に変化したようにお思います。

まぁ、個々の設定次第ですので、私個人の設定に違いが出たのかもしれませんが…

私個人が感じたのは以上です。

 

 

追記20190204

今回、コメントをいただいて改めて設定関連を見直したので、情報共有とし見つけた設定箇所を追記していきたいと思います。

皆さんの中にも、一部設定が消えて対処に困られているかもしれませんので…

 

その中でも今回は、ディスプレイとLockscreen button settingsに関しての追記になります。 

 

f:id:chi-ipot:20190204213337p:plain

 

まず、『設定』→『ディスプレイ』→「詳細設定」の最下部にある二箇所が今回の本題にあたります。

 

f:id:chi-ipot:20190204214145p:plain


『Keep pulsar light on when powered on』読んだ通り、再度ボタンのランプ点灯に関しての設定ボタンです。

 

ONにすることで点灯し、OFFにすることで消灯します。

 

続いて『HiBy Music app full screen mode』ですが…

f:id:chi-ipot:20190204215157p:plain

 

ONにすることでフルスクリーンとなり

 

f:id:chi-ipot:20190204214720p:plain

 

OFFにすることで、フルスクリーンではなくなります。

頻繁に、TOP画面や他のアプリを使用される方はOFFが便利かもしれませんね。

 

最後に、『Lockscreen button settings』に関してです。

 

f:id:chi-ipot:20190204214921p:plain

 

まず、『設定』→『Lockscreen button settings』が今回の本題にあたります。

 

f:id:chi-ipot:20190204214941p:plain

 

上から順に…

消灯時のボリュームボタンのロック、アンロック設定

消灯時の再生/次へ/戻るボタンのロック、アンロック設定

 

最後は…

いや…わかんないですね

要情報求!!

 

と言うわけで、分散した機能の説明は以上になります。

 

あー、気が向いたらQUEENじゃなくてもちょに変更しよう。

私らしくない。


 

楽天市場


 


 


 


 


 

 

 

日本国内でも国際版ソフトウェアである場合、有償にて国内正規品と同一のサポートを受けれるそうなので、セール中なので購入するのもありです。

 

【レビュー】HiFiMAN SUNDARA

毎度、趣味の話です。

実家のリビングのエアコンが台風目前にして、故障しました。

22年前のモノなので、良く持ってくれたなと…

 

さて、今回も真面目にレビューをしていきたいと思います。

この度、HiFiMANさんからまた試聴機をお借りできました。

 

今回お借りしたのはこちら!!

HiFiMAN SUNDARA

f:id:chi-ipot:20180823155522j:plain

 

SUNDARAは、国内では2018年5月下旬頃に発売した平面駆動ヘッドホンになります。

開放型なので、外での使用がメインになるかと思います。

 

 

今回も、開封の儀?はさらっと行きましょう。

 

どーん

f:id:chi-ipot:20180823155731j:plain

 

f:id:chi-ipot:20180823155809j:plain

 

外装は、HE400iと比べると見劣りしますが…

ケースが豪華でない分、低価格で提供してくれているのかなと思いました。

 

というのも、公式ホームページ上の各ヘッドホンの価格を見てみると

 

HE400i                 64800円

SUNDARA           54000円

 

一万円ほどのコストカットを実現!!!!

と勝手に好感を持ってます。

 

正直、豪華なケースは嬉しいのですが

私自身外箱は、基本購入時と売却時にしか開けない人なので…

 

さて、HE400iとの付属品の違いは、三つ違いがありました。

 

  • 商品説明の冊子が付属されている
  • ケーブルが2.5mm端子から3.5mm端子に変更
  • ケーブルの素材が布地から普通に

 冊子の中身は、英語で製品の解説や説明が記述されていました。

 

f:id:chi-ipot:20180823162003j:plain

左:SUNDARAの付属ケーブル、右:HE4XXの付属ケーブル

 

上記、写真では分かりづらいですが、ケーブルの端子が2.5mmから3.5mmへと変更されたことで接続部の耐久性が依然と比べ向上しています。

 

ケーブルの素材ですがHE400iでは、布地でできていて高級感を感じまたが、

SUNDARAでは、Massdropとのコラボ商品と同じ素材でした。

 

ですが接続端子が、安価なものではなく丈夫な金属のL字プラグに変更されています。

個人的に、その点がポイント高かったです。

 

さて、本体のSUNDARAを見てみましょう。

f:id:chi-ipot:20180823161751j:plain

f:id:chi-ipot:20180823161804j:plain

f:id:chi-ipot:20180823161819j:plain

 

うん、カッコいい

f:id:chi-ipot:20180823163530j:plain

左:SUNDARA、右:HE4XX

 

HE400i             370g

HE4XX             370g

SUNDARA        372g

 

たった2gですが、SUNDARAは重いです。

ですが、HE400の廉価版のHE4XXと比べて見て分かる通り、

ハウジングがかなり薄いです。

 

その上、周波数帯域がHE400iとHE4XXが共に、 20 Hz–35 kHzですが

SUNDARAの周波数帯域は、6Hz-75kHzと大幅に向上しています。

 

試聴レビュー

今回のレビューも公正公平な環境で行っていきたいと考え、

以下の方法でレビュー記事を書いていきます。

 

ポータブル機とPC使用時での比較検証
ポータブル機の使用環境は、SuperMini
PCの使用環境はアンプにnano iDSD BL、再生ソフトにJRiver Media Center

 

また試聴する楽曲は、下記の通りです。

 

アニソン系:麻倉もも明日は君と。

ロック系:LOOKLIKE『記憶』

バラード系:いきものがかりノスタルジア

 

アニソン系は、言わずもがな…
今回は、バラード系として西野カナから、いきものがかりへ変更
YouTubeの学生の文化祭動画見てから購入しました。
今回のノスタルジアは、インディーズ時代の方です。

 

HE4XXのレビューは、前回レビューしたHE400iと大きな変化を感じられないので

過去記事ではありますが、そちらを参考にしていただければと思います。

 

 

look-hobbies.hatenablog.com

 

 

麻倉もも明日は君と。

明日は君と。(通常盤)

明日は君と。(通常盤)

 

 

SUNDARA: SuperMini

以前のものでは、些細な息継ぎの瞬間も、注意深く聴くことで、知ることができましたがSUNDARAでは、普通に聴くだけでわかりました。

聴こえる音が増えた分、情報量が増えた為か、籠ったようにも感じますが

こもっていると感じたとしても、通常の症状と比べ薄い?ように感じます。

音がとてもまろやかだからか、声の強さや勢いが弱いように感じました。


SUNDARA:PC
SuperMiniの感想と打って変わって、私の聴きたかったもちょを更新できたように思います。

この曲では、低域よりも中高域が突出していい音が出ているように感じます。

声の一つ一つのタッチの仕方が優しいです。

暴力的なパワーで奏でているというよりも、

いい塩梅の力加減で優しく奏でられているように感じます。

 

LOOKLIKE『記憶』

Wake up!!

Wake up!!

 


SUNDARA: SuperMini

通常時の低音が物足りないですが、ここぞという箇所の低音はしっかり出ているように思います。

中高域はすばらしい。

それなしても、今の自分の趣向とSuperMiniの味付けとでは乖離があるのかもしれません。


SUNDARA: PC

KOREDA!!

とても、迫力のある音を楽しむことが出来ます。

ただ、高域=中域>>低域感が否めません。

それにしても、ボーカルがとても澄んで聴こえます。

とても爽やかで、晴れ晴れとした気持ちで聴くことができました。

 


いきものがかりノスタルジア


HE4XX: SuperMini

小さな会場の前方の席で、聴いているように感じます。

声が、とてもやさしく聴こえます。

澄んでも聴こえますが、少し閉鎖的にも聴こえます。


SUNDARA: SuperMini

収録時の雑音も鮮明に聴こえます。

小さな会場から、大きなホールへ移動したように音場が広がった感じがします。

さらに澄んで聴こえ、閉鎖な感じはせず、開放感ある音だと思います。

曲に、とても感情移入することが出来ました。 

 

HE4XX: PC

SuperMiniで試聴した時と比べて基本は同じです。

 

SUNDARA: PC 

SuperMiniで試聴した時と比べて基本は同じです。

ですが、高音のキラキラしてます。

歌い手の声量がダイレクトに力強く聴こえるからか、声に感情がこもって聴こえます。

 

 

総評

私のイコライザーの設定など他の方との環境差が多々あったと思います。

ですが、私の中でSUNDARAは中高域がとても素晴らしい製品ではないかと思います。

特にボーカルの声が、周りの演奏とぶつかってぼやけることがなく、とてもクリアでした。

 

独唱部分のある歌や、終盤に演奏の音を減らしてボーカルを目立たせるような楽曲に向いているように思います。

 

個人的に、バラード曲とか気持ちよく聴けました。

 

多々残念だったのは、私の環境下ではあまり満足のいく低音が出なかったこと

 

さて最後に、お金に余裕があれば欲しいと思える製品でした。

HE400iを買うくらいなら、私は迷わずSUNDARAを買います。

それぐらい、開放型ヘッドホンのイメージをさらに覆すインパクトのある音でした。

 

ここからは、余談です。

 

正直今回、SUNDARAをお借りして一番最初に試聴した時、

あーこれどうやって旧モデルと比較しようと途方にくれました。

 

その次元で、まったくの別物。

 

以前、お借りしたHE400iでは結構その場で満足感がありましたが、

SUNDARAに至っては、もっと先のいい音が聴けるのではないかと

果てしない欲求が生まれてきました。

 

前回のレビューの作成が二、三日くらいでしたが、

今回は、じっくり聞きながら十日以上かけて考えて書いています。

 

旧モデルや下位モデルの音を知っていると、ここまで驚き語彙の浮かばないレビューになってしまうのかと…

 

それぐらい、インパクトのある製品でした。

 

SUNDARA以外にも、多くの上位機種があります。

私が、それを聴いた時どれくらいの語彙を喪失するのだろうと

興味半分、心配半分の複雑な気持ちになりました。

 

 今回も、とてもいい経験になりました。

お貸ししていただいたHIFIMAN JAPANさま、貴重な体験ありがとうございました。

そして、ここまで読んでいただけた方ありがとうございました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HIFIMAN ハイファイマン SUNDARA 【送料無料】 【1年保証】
価格:54550円(税込、送料無料) (2019/1/15時点)

楽天で購入

 

 

HIFIMAN SUNDARA

HIFIMAN SUNDARA

 

【レビュー】HiBy R3

毎度の事ながら、趣味の話です。

 

近況は暗い話になるので書けることが特に思い当たらないのですが

一つ話題がありまして日中に雨が降りましてそれが、狐の嫁入りでした。

 

狐の嫁入りだな…狐の嫁入り?おや?

最近の子達は、晴れている時に雨が降ると

お天気雨や狐の嫁入りと言うの?

小降りの雨に濡れながら思っていました。

 

世代が変わるのって、どこからなんだろ?

なんて、二十代最後の夏を迎えた私は物思いに耽っていました。

 

さて今回紹介したい品は、Kickstarterにて支援していた遅延だなんだと

お騒がせの品になります。

 

そう、HiBy R3です。

f:id:chi-ipot:20180704125558j:plain

 

続きを読む

【レビュー】HiBy R6

※機能説明や音に関してのレビューも追記しました。

 

毎度の事ながら、趣味の話です。

 

今回は、まとめる順序を逆にしてみました。

最初は、購入方法が特殊だったDX80の話を先にまとめるつもりでしたが、

旬の話は、コレだなと思い先にまとめることにしました。

 

DX80のまとめは、近日公開します。

 

今回の内容は、INDIEGOGOにて支援していた商品になります。

 

そう、HiBy R6です。

 

f:id:chi-ipot:20180214221914j:plain

 

 

丁度、バレンタインデーの本日届きました。

HiByも粋なことをしてくれます。

なにせ、配送連絡よりも先にR6が手元に届いたんですから…

最初、変なものをつかまされたかな?とか思いつつ開封しましたが

結果、HiBy R6が入っていたので驚きました。

 

オーダーした順番が #15だった為、誰よりも早く届くとは思っていたのですが、

旧正月前の2月6日のアップデートでは、SS(Stainless Steel)ではなく、

Aluminium Alloyの方を出荷しましたよー、SSの人は少し待ってねーって

書いていたので3月か…長いな…

DX80届かないかな…(※まだ当時は届いてませんでした)

とか思っていたのです。

 

まさか、本当に少しだとは…

 

続きを読む

【レビュー】HiFiMAN HE400i

毎度、趣味の話です。

基本情報処理試験の申し込みが始まってます。

早いとこ申し込まないと…いい加減勉強しっかりして受かるんだ…

 

さて、今日は割と真面目にレビューをしていきたいと思います。

そう、なぜならHiFiMANさんから試聴機をお借りできる事になったから!!!!

 

いや、できるとわかってからは終始、口がにやけるのを必死でマスクで隠し

あふれ出る喜びは、トイレの個室で何度もガッツポーズをとり発散

エレベータを待つ間も、砲丸や円盤を投げた後のオリンピック選手さながらの

長時間の溜めからのガッツポーズを繰り返し喜びを表現していました。

 

では、本題に…

開封の儀?はさらっと行きましょう

今回お借りしたのはこちら!!

HiFiMAN HE400i

f:id:chi-ipot:20180131213343j:plain

続きを読む