【個人輸入】AAW A2H Pro V2 その1 大まかな手順

毎度、趣味の話です。

 

情処試験も残り2か月程になってきましたね。

重い腰を上げてようやく、勉強を始めていますが

中々、頭に入らず現実逃避をしている、今日この頃…

 

さて、本題の今回の話はNull Audioでカスタムを注文してしまったの巻きです。

 

というのも、当時眠気でハイになっている状態で、

過去のログを漁っていたところ問題のメールに気が付きました。

 

『Null Audio National Day Sale!』とタイトルで3日前のメールでした。

 

おや?何がセールなのかなーと、見ていたらこの記載が!! 

f:id:chi-ipot:20170819233540p:plain

 

コイツです!!

米ドルだと大体の金額がなんとなくすぐ解りますが

さすがに、シンガポールドルのレート金額は分からず…

 

そう調べてしまいました…

うーん、大体2万円か…

 

色選びして、遊ぼうとカラー選択をして

あー送料含むと、この価格かー

23,592円、へー

 

安っ!!!!!!

 

e☆イヤさんだとこの価格なのに…

f:id:chi-ipot:20170820000255p:plain

 

あとe☆イヤさんだと納期が4か月後になっていますが

こちらは、2週間とのことお互いの輸送期間を入れても

1か月かな…これが事実なら

コレは買いだなと、深夜の眠いテンションのままPay Palで購入

 

格安のカスタムイヤホンに興味を持ったのには、理由があります。

 

理由として、カスタム購入を購入して使用した時に

自分自身抵抗感なく使用し続けることができるのか

 

初カスタムで10万以上お金出して購入して

耳が痛いだの、気持ち悪いだのと耐えられなかったらどうするのか

悩みは尽きません。

 

それに加え、カスタムは通常のユニバと違い

二束三文と価値が低くなり売却することにも抵抗感があり

手を出す勇気が出ません。

 

そういった意味で、ブラックフライデーでJH AUDIOで購入しようかな…

なんて、当初は考えてました…

 

JH3X PRO辺りだと、10%割引になればそれなりに安いですし

自分に合わなくても、諦めがつくかなって…なんて

 

JH3X PROだと価格も普通のに比べて格安ですし

音も、試聴した感じ(MICHELLE + TriFi)/2と試聴した時に感じたので

不可もなく無問題かなとか考えてました。

 

ですが、今回23,592円払えば実験が可能

わざわざ無駄になるかもしれない、おおよそ8万円も突っ込む必要がない!!

 

音は、気にしないのかって?

そんなものこの価格では、二の次だぁあああ!!!!

 

これで、耳型の調達や耳型の海外送付など初めての作業を

通常より低価格で経験できるのは嬉しいことです。

 

この価格で経験でき糧となるなら、音など今回は些細な問題です。

いや、本末転倒だってのは理解してます。

 

ですが、ネットで調べていても、個人間でのカスタム購入に関して

部分部分でしか情報がなかったり、情報が古すぎたりと

どのように準備すればいいなど、すべてが書いてるわけではありません。

なので、少々手探りをしないといけません。 

 

そんな中、気持ちが折れても、手続きを途中で投げ出してしまったとしても、

普通のカスタムに比べ負担は小さく収まります。

 

無理なら、今後代理店を通さないと買えない子なんだなと

いい勉強代だったなと割り切ることができます。

 

今回に関しては、申し訳ないですが購入方法、取引の仕方だけが目的です。

なので残念ながら音は、おまけ程度に考えています。

値段に見合った音だといいな…とは思ってはいますよ?

 

とりあえず、こう言った理由から今後の糧として

購入することに決めました。

 

そして得た情報を一応、大体の時系列は並べてみました。

 

2017年8月12日(土)

AM 2:53

Null Audioへ申し込み

 

AM 3:19

EMSラベル申し込み

 

PM 16:00頃

e☆イヤホンにてインプレッション採取しようとするも

時間が合わず断念

 

PM 22:00頃

深夜のテンションで決めたデザインが糞ダサいじゃないのかと焦りだす

 

2017年8月13日(日)

AM 0:30頃

Messengerにて、フェイスプレートの変更可能か問い合わせ

 

PM 0:00頃

他の場所で採取を試みようと検索した結果、

採取を行っている所は、基本日曜日は定休日が多いと知る

 

PM 19:00頃

Null Audioから『どうしたいの?』と返信が返ってくる

 

2017年8月14日(月)

AM 0:00頃

前日に見ていたLVに参加していた某声優さんのカスタムの色が

とれも綺麗だったのに感化されて某色を所望と返信

 

送信後すぐに、『両方?』と返信が返ってきていたが気が付かず…

 

AM 2:30頃

両方です!!と返信

 

AM 10:30頃

Null Audioから了解と連絡を受け取る

 

PM 17:30頃

耳が正常な状態か不安になり、耳鼻科に受診

医師から太鼓判を貰う

 

2017年8月15日(火)

大阪聞こえ補聴器へ予約の連絡するつもりが、17時を過ぎていた為断念

 

2017年8月17日(木)

 

お昼に大阪聞こえ補聴器へ、連絡を入れ夕方に予約

仕事帰りに、大阪聞こえ補聴器にてインプレッション採取

金額は、5400円

 

2017年8月18日(金)

郵便局からEMSラベルが届く

近くにあった小型のヨドバシの箱に入れ梱包

 

2017年8月19日(土)

郵便局の集荷サービスを利用して自宅から配送

送料は、1400円

 

といった流れです。

 

現時点の合計で、30392円です。

完成後の税関での支払いが、確定していないので

現時点でのとさせていただきます。

 

イヤホンは、関税対象外で消費税だけ…なんて情報も目にしてるので

確定してから、書きたいと思います。

 

あと医療費も個人間の問題なので割愛しました。

 

今のところ、代理店を使用するよりも12000円程安い感じですね。

 

以下、ハイライトもしくは、蛇足です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

採った耳型はこちら

f:id:chi-ipot:20170820001344j:plain

 

初めてなので良くわかりませんが、耳穴小さい?細い?

大阪聞こえ補聴器さんでは、採取一回5400円でした。

 

採取時、初めてだったこともあり

一番ベターな採集方法の、割り箸を横に噛んで採取しました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちなみに、ダサいと思ったデザインは

 

左:CQ15 Piano Black(黒)

右:CQ01 Glacier White(白)

 

シャルカラーは、CT07 Valencia Orange(透明なオレンジ)

 

…、ダサい!!

 

f:id:chi-ipot:20170818231946p:plain

 

あれ…JHのサイトでモデリングするとありかも…と思ったんですが、

AAWのは白は、心なしか皮脂が染み込みそうな素材だなって…

偏見かもですが、そのようなイメージがあるので辞めました。

 

変更後のデザインは、届いた時にでも…

変更がちゃんと通ってたらいいな…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

掲載後順次加筆訂正、または分割してまとめていきたいと思います。

 

個人的に、送るときに手配どうしたらいいだとか

伝票どう書いたらいいとか書けたら

後々、皆さん利用しやすいのかなと思うので

これは、無事完成して問題がないことが分かってから

アップしたいと思います。

 

今まとめて掲載して問題があったなんて考えたら…

 

では、その2でまたお会いしましょうノシ

 

 

 

 

【Kickstarter】Hidizs AP200

毎度、趣味の話です。

 

今回、ご紹介したいのは現在Kickstarterにて支援受付中のHidizs AP200です。

 

f:id:chi-ipot:20170808002939p:plain

                                      出典:www.kickstarter.com

 

 

www.kickstarter.com

Hidizs AP200 - The Next Generation Android HiFi Music Player by Hidizs — Kickstarter

 

 

日本語版の機能説明:AP200-Japanese – Hidizs

 

今回は、支援方法等は、別途各々ググるなりお願いするとして…

 

私がこちらのDAP Hidizs AP200に興味を持った一番の理由が、

今時珍しいバランス接続端子がない点です。

 

最近のハイエンドDAPに欠かせない2.5mm4極や、4.4mm5極など

多くのDAPにて既存でバランス端子が付いている

もしくは、モジュール交換にて対応しているものが主流になっているように思います。

 

ですが、この流れを真っ向から逆らってる感が好感を持てました。

 

というのも、メインで使用しているSuperMiniで3.5mm4極プラグのイヤホンを

持ち歩いている時、聴いてる最中で電源が切れてしまったり、

SDカードの再読み込みと音楽が聴けなくなった際に、

バランス接続対応のプラグでは、アンバランス変換ケーブルを持ち歩く必要があり、

簡単にスマートフォンに直挿しで聴くことが難しいのが現状です。

 

一応、緊急用に別途アンバランスのイヤホンを持ち歩いたりしていますが、

少し面倒です。

 

ですが、面倒な状態でもバランス端子があると持ち歩きたくなるもので、

いっそのこと、バランス端子のないものを購入しようと検討してました。

 

NW-A10やCayin N3を購入し、AudioQuest DragonFly Redを繋いで

デジタル出力を楽しむことを考えましたが

 

新製品が、ウォークマンは時期に新製品発表があることが予想されますし、

Cayin N3も外観が変わる的なのをどこがで見た覚えがあり

いまいち、乗り気にならず…

 

DragonFlyや接続用のケーブルなどで購入すると普通のDAPを購入した方が

安くつく用に思えました。

 

特に、入門機といったフレーズに弱い私は、AK70に手をだそうかな…

とか、思い悩みました。

 

地味に、LimitedTwilight Roseだけ価格が安いじゃないですか?

 

 

ワンチャンありかな…とか考えたりしてた

矢先、KickstarterにてHidizs AP200の支援募集がされていたのを知り

中々の高額なことから悩みに悩み、寝ぼけた私が申し込んでいました。

 

朝、起きてメールを確認したときに気が付きました…

 

細かなスペック等は、サイトの方を見ていただくとして

 

支援募集をしている品物を、纏めてみました。

※()内は、クレジット支払い時の大体の価格です。

 

アルミボディー 32GB $239(約27000円)

f:id:chi-ipot:20170808001808p:plain

                               出典:www.kickstarter.com

 

 

ステンレスボディー 64GB+microSD64GB付属 $309(約35000円)

ステンレスボディー 128GB $349(約40000円)

f:id:chi-ipot:20170808002056p:plain

                      出典:www.kickstarter.com

 

これに、少しの金額を足すとレザーケースが付属されるようです。

 

私が支援したDAPは、商品が届けばレビュー等で書くかなぁ…と思います。

なので、今は秘密?です。

 

さて、今回のDAPは正直興味先行です。

人には、あまりお勧めしません。

 

この記事を見て興味を持たれて、支援たい方は、

自発的に問題を解決しないといけない

何があっても、自己責任であることを心に留めておいてください。

 

正直、半年も待てばその内発売されると思います。

 

そんなの待てない!、責任は俺がとる(キリッって方は、

支援期限は2017年8月16日ですので、お忘れなく。

 

 

 

 

 

 

【レビュー】HUM CX1 購入経緯編

毎度、趣味の話です。

熱い季節が始まりましたね。

世界陸上、甲子園、プロ野球後半戦。

スポーツの観戦が楽しい季節です。

 

今、本記事を書いているときは、まだ100m決勝前ですが

誰が1位になるかな…

ボルト選手が最後の追い込みをかけるのかな…

 

さて今回は、HUM CX1のレビューする前に購入経緯の話を

先にお話してから次回、HUM CX1のレビューを載せたいと思います。

 

最近特に何も購入しておらず、ブログを放置しすぎるのもな…と思い

短期連載とか言いながら、購入後の各イヤホンなどの使用状況や変化を

まとめ始めたのですが…

 

ずっと、あるイヤホンが自分の中でしっくりこない…

 

何でこんなに当時、大々的に売り出されていたのか…

 

なぜ兄弟が初期型を長い間、愛用しているのか…

 

いくら聞いてもまったく、これっぽっちも良さがわからない…

 

何回か、アプローチを変え、一時は良い方に変化はしていたのですが

 

その良さもわからぬまま、放置して8か月…

 

そう以前購入したUltimate Ears UE900sです。

 

f:id:chi-ipot:20161231171641j:plain

 

購入当時は、イヤーピース色々購入して歩み寄ってみたりしていました。

 

本当に、だいぶ昔のことのように思います。

 

それにしても、なぜ買ったんだよって思われる方が多いと思います。

 

正直購入した切っ掛けは、当時の購入条件と合致していたからという

理由もありますが、2016年末のこの時期のハイエンドイヤホンの入門機と言えば、

UE900sという流れがあったのです。

 

良く特価してましたし←おい

 

そんなことから、一つくらい入門機を持っていたいと購入した次第です。

 

イヤホンには色々入門機だと言われているものが多数、存在していると思います。

 

そんな中でも、多くの入門機イヤホンを生産(?)してきた

e☆イヤホンさんの購入意欲を誘うフレーズ、金額

当たり前のことですが、商売手腕は凄いなと感心します。

 

一応、私個人としてのイメージしてる入門イヤホンの流れがあります。

 

2013年~

自由なお金が少ない学生がテレビで良いと言っていたSHE9700を購入

知らぬ間に沼へと一歩近づく。(3000円コース)

 

アルバイトをするようになって少ないながらも

お金の自由に使えるようになった学生さんがSE215を手に入れる

沼に片足をそっと浸ける。(10000円コース)

 

2015年~

社会人になって初任給を握りしめ、Ultimate Ears UE900sを購入

沼に片足が膝辺りまで飲み込まれる。(35000円コース)

 

これ以降、さらに沼に足を取られた方は、

UE900s以上のハイエンドイヤホン(UniqueMelody etc.)に走るか

または、色んな音を求めて海外のサイトを練り歩き中華イヤホンに走るか

と言ったイメージを勝手に持っていました。

 

あと個人的に、SE215とUltimate Ears UE900sとの購入フローの間に

Astell&Kern AK120を購入が入ってます。

 

そして、先日発売されたAZLAはこの流れの後続になるのだろうなと

思う3つの要素があります。

 

その1

発表から販売までのスパンが一か月と短く、TwitterなどSNSでの注目度が高い

皆、挙って購入報告をしています、宣伝効果は抜群です

 

その2

価格が、46000円弱とUE900sの当時の価格から1万円値が上がるも抵抗感が少ない

UE900sでは物足りない勢が抵抗感が少なく手にすることができる

 

その3

イヤホンと別販売、価格が本体並みと気になる所はあるが

興味があっても値段が高く、手が出しづらいカスタムを

イヤホンにカスタムイヤーピースを使うことで再現ができる

 

その3は特に、AZLAを購入して満足している人たちが

更に、後から追加でカスタムイヤーピースを購入

言わばイヤホンのアップデートが可能というアドバンテージは大きいと思います。

 

そんな中、UR900sをガンガン宣伝している頃には、SE215の話題を聞かなくなり

AZLAの販売を控えていた今年、UE900sの名は目にしません。

 

私は年末にUE900sを購入しましたが、

年始から少しずつ目にしなくなっていたので、

年末が最後の追い込み商戦だったのかなと思っています。

AZLAの構想や試作などできていたでしょうし

 

ここまでツラツラと書いてましたが、残念ながらAZLAは未試聴です。

前情報から感じた内容と現在のUE900sの立ち位置を書きたくて

題材してみました。

 

AZLAは試聴機が空き始めた頃に赴きたいと思います。

 

で、大分話がそれてしまいました。

これからが本題です。

 

8か月経過しましたが、ずっと中音がボヤけて聴こえ聴くに耐えませんでした。

 

原因は、実ははっきり分かっています。

 

自分との相性が非常に悪くなるカスタマイズをしているのだと…

 

UE900sとNOBUNAGA Labs PREMIUM 蜉蝣 (mmcx - 3.5mm4極)

との組み合わせが凄く悪いのです。

 

更にネガティブな言い方をすると

 

変に安っぽく聴こえる。

音に厚みがない。

中音が、高音と低音に挟まれてぼやけて聴こえる。

注意書きしてある通りタッチノイズが目立つ。

4極だと、音が良く聴こえ更に悪目立ちしマイナス効果を助長する。

 

UE900sのリケーブル入門編としては、残念ながら失敗してしまったようです。

当たり前のことで、ケーブルの試聴など駆け出しだった私は考えもしなかったのです。

 

その間違いを胸に、e☆イヤホンさんへケーブルの試聴に行ってきました。

  

以下の3点のケーブルを試聴しました。

 

 

 

そして、HUM CX1…

 

ちなみにSilversonicに関しては、3.5mm4極プラグでした。

 

何で比較対象がこんな組み合わせなんだと思われることは分かってるんです。

ただ、私個人が買える金額が限られていたこと

私が試聴できるDAPでは無理なプラグの方が多かったことからです。

 

始め試聴したのが、Silversonicでした。

試聴してましたが、私が苦手とする中音が以前に比べ多少マシにはなりましたが

購入するといったレベルではありませんでした。

 

正直、Silversonicがド本命で直営代理店にて格安で販売してることもあって

購入意欲が高かったため、残念でした。

 

次に、final LAB02用ケーブル MMCX-3.5mmシングル

これは、凄く良かったです。

多少、中音のボヤけた音は残っていますが、

とても澄んで聴こえ購入しようと決意しました。

 

あのケーブルを試聴するまでは…

 

近くに、たまたま、たまたまHUMのケーブルがあったのです。

final LAB02用ケーブルと比べ、3万弱と5千円しか変わりませんでした。

 

気軽に試聴しました。

 

いや、ほんと、ドン引きしました。

 

あんなに嫌っていた中音のボヤ付きが消え、低音の利いた好みの音に変化したのです。

 

高音は、今一つではあるのですが、そんな些細な事を気にならないぐらいに

好みな音に…

 

その時に、感じました…

これが本当のUE900sの力…

HUM CX1という架け橋ができると、こんなに最高のフレンズなのかと…

 

 

その場では、金額的にも手が出ず…

次のシークレットセールに出たら買うんだと家に帰りました。

 

帰宅してから思いました。

当たり前のことですが、試聴しているケーブル自体の金額が徐々に上がってるのだから

それは、良く聴こえるだろと…

 でも、私は忘れられなかったんです。

 

いや、忘れる前に向こうからやって来たんです。

だって翌日のシークレットセールに出品されていたんですから…

 

 次回は早速、HUM CX1のレビュー記事を書いていきます。

 

 

 

 

 

【短期連載】あの商品は今…@イヤホン編(第一部 1216.ears 4FE)

今回も、趣味の話です。

前回の記事は、文字が小さい方が見やすいのかな?と思い

小さいサイズにしたのですが、思っていたよりも小さく

目が痛いな…辛いと書いた張本人が感じてしまった始末

 

直そうかな…でも面倒だな…と放置してしまいました。

気が向いた時にでも訂正します。←絶対しない奴

 

さて、今回は以前購入した1216.ears 4FEの約4か月ほど使用した感想を

書いていきたいと思います。

 

届いた当初はかなり浮かれていましたが、前回も書いた問題

『3.5mm4極しかケーブルを持っていない事件』により

SuperMiniと同様に、約二か月間放置していました。

 

ですが、前回の記事以降にSuperMiniを触る機会が増え、

今では主に会社からの帰宅時や、オフで出かける時に多く試聴しています。

 

その中で感じたのが、まだ記事にはしていませんが、

私自身、RHA CL750のようにシャリシャリした高音を全振りした音を

好む傾向にあります。

 

ですが、改めてこちらの4FEを試聴してみると音に厚みがあり

久しく聞いてなかったドンシャリが新鮮に感じ、楽しくて仕方がありません。

 

また当時、4FEの音に対して毎日聴いていたことで耳が慣れたことにより

本来日進月歩で進んでいたエイジングの変化をあまり実感できなかったのも

要因の一つではないかと今になって感じました。

 

改めて聴いていく中で、気が付いたのは思っていた以上に

バラード調の曲との相性が良かった点です。

 

基本的に、低音が効いたMINAMI NiNEの花のような曲を好んで聴いていますが

 

花

  • MINAMI NiNE
  • ロック
  • ¥200

 

先日あったTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!の幕張公演にて歌唱されていた

橘ありす(CV:佐藤亜美菜)のIn Factが、LVからの帰宅時に無性に聴きたくなり

聴いてみたところ、バラード調の曲に対しても相性がいいのだと

気がつくことができました。

 


【楽曲試聴】「in fact」(歌:橘ありす)

 

正直、普段は浜崎あゆみのLOVE〜Destiny〜など今の人からすると古い曲を

好んで聴いているからか、バラードとはいえ低音部が強調されているように

感じているからなのか、そこまで意識を向けることができていませんでした。

 

LOVE~Destiny~

LOVE~Destiny~

 

正直、曲との相性もあるのだ理解はしていますが、

低音をあまり使用していない曲での試聴してみるのも一興かと思います。

音ベースでの話は以上です。

購入時の記事の方が、平均的な情報を知ることができると

興味がある方は、そちらの参照をお勧めします。

 

look-hobbies.hatenablog.com

 

 

 

さて、話は少し変わりますが、1216.ears が最近また注目されてきましたね。

その理由として、製作者本人がTwitter参戦したことにより

興味がわいた方、増えたからだと思います。

 

また、定期的にセール特価でお値打ち価格での販売も行っているようです。

 

どのケースでも当てはまることですが、

海外の製品ましてや個人での受注販売となると

どういった製品かSNSなど調べていくうちに、

購買意欲が刺激されると思います。

 

私も、どちらかと言うとそちらからのアプローチでしたし…

 

 

今から書くことは海外より輸入する上で、

見落としがちで、本来念頭に置いておかなければならないことだと思います。

 

ノリと勢いだけでの行動は楽しいことですが、

モノによっては大きな金額な金額が動きます。

 

 

こんなことを書いてると、多くの品を取り寄せて購入したことに対して

後悔しているように見えてしまうかと思います。

 

ですが、後悔はしていませんし、海外の方とコンタクトをとりながら

興味のあるものを購入することは、刺激になったり自信にも繋がりました。

 

できることなら、オススメしたいことです。

 

ですが、最近Massdropなど多くの海外サイトで購入し

ちゃんと着くのかや、いつ頃届くのかやきもきされている方も多く見ます。

 

いつ届くかは、あまり気にせず気が付いたら来ていたくらいが

精神安定上良いと思います。

 

売却をする上で、上記のようなメジャーなサイトからの直売での購入した商品だと

名の知れた企業の商品が多いことから売却するハードルはかなり低いです。

 

ですが、個人での受注販売の商品が好みではなかった時、

売却を検討されている方には向かないように思います。

  

なぜなら、まず資産価値は一般からすれば皆無だからです。

 

それは、一般的な店舗での下取りをした場合、

商業ベースに乗っているイヤホンと違い、

言わば自主製作、同人作品のようなもの為、

資産価値で考えると店舗買い取りでの値が付くのは難しいと思います。

 

国内販売されていない中華イヤホンでは、一部買取をされているケースも

あることにはありますがそれは、量産体制がとれ多くのユーザーから

評価されているイヤホンでの話であります。

 

その点、Twitterで嫁ぎ先を探すことや、

オークションにでの出品をするのは現実問題可能だと思います。

 

お互いが価値を認めることで資産価値が生まれるからです。

 

SNSでのやり取りやオークションサイトでの出品では

当たり前のことですが、通常よりも個人情報が増え特定されてしまう

危険性が増えてしまうのでお勧めしません。

 

また、買い手がつかないことの方が多いと思います。

  

以上のように資産価値や、売却など後々のことを考えられているのであれば

事前にコミュニティ内での引き取り先を見付けるなど

意識して、検討しておいた方がいいように思います。

 

また個人間で取引されているものなので、修理やまして返品など

店舗のような対応は能動的に動かない限り

難しいことを承知の上、購入する必要があります。

 

発注をかけ、手元に届くまでがゴールではありません。

海外では販売されている商業ベースに乗ったイヤホンを輸入するのと

同じように、問題が発生したときは自ら進んで交渉する必要性が出てきます。

 

中華イヤホンを直接交渉して購入してるような方は

むしろ、それが楽しみの一部なのかもしれません。

 

そう言ったことも、楽しいと感じる方には私は心からお勧めします。

  

私が強く言いたいことは、どうか発注し購入されるのでしたら

最初から嫁に出すことばかり考えず、ずっと大切に楽しんで貰いたい。

 

何か問題が発生したときは、直接やり取りをしないといけないということも

念頭に入れ購入する必要があることです。

  

 

ここまでの内容を、この1216.ears 4FEの再レビューの場で

する必要はないかと思いましたが、万が一でも私のレビューを見て

気に留め、購入しようかと悩んでいる方がいるのなら

まず、上記の内容を理解した上で、購入された方がいいと感じたからです。

 

私は、SNSでの口コミを見て、各ブログを周りコンタクトをとって購入に至りました。

 

その製品が気に入ったことで、私個人の意見をブログとして発信しました。

ですので出来ることなら、意識のズレがなくシェルカラーの選択など

カスタマイズを指定して楽しんで受注してもらえたらと思いまとめた次第です。

 

気を害してしまった方もいるかもしれません。

ですが、私個人としてこの場で発言しておきたかったので書きました。

 

記述的に、まずいんじゃ…と思われる箇所があれば

教えていただければ有難いです。

 

まとめておきながら、書いてよかったかな?

販促妨害にあたるのかなと心配ではあるので…

 

総評

  • 当初、私が考えていたよりもバラード調の曲を聴くのもオススメ
  • 4か月程しかたっていないけれど、満足度は高い
  • 個人間でのやり取りとなるので、最低限の覚悟は必要

 

 

【短期連載】あの商品は今…@DAP編

お久しぶりです。

今回は趣味で購入していたオーディオ関係の現在状況や半年使ってみた感想です。

さて、私が現在申告したもので、何を持っているかまず書き出してみます。

 

DAP

  1. HiFiMAN SuperMini

イヤホン

  1. 1216.ears 4FE
  2. RHA CL750
  3. JVC XE-M1BT
  4. 64Audio ADEL U8
  5. Ultimate Ears UE900s
  6. HiFiMAN RE600 V2
  7. SHURE SE315
  8. SHURE SE112

ケーブル

  1. Beat Audio Supernova (2pin - 3.5mm4極)
  2. BriseAudio STD001 (2pin - 3.5mm4極)
  3. NOBUNAGA Labs PREMIUM 蜉蝣 (mmcx - 3.5mm4極)

ヘッドホン

  1. Massdrop x HiFiMAN HE-350

 

当時は、こんな感じだったと思います。

実はこれ以降、finalのお手頃価格な物、finalの組み立てイベントで作成した

イヤホンが仲間入りしました。

ヘッドホンでは、Skullcandy CRUSHER WIRELESSが仲間入りしました。

 

今から、書く内容で一番のポイントが1点あります。

それは、一時期療養生活を行っていた関係で、金銭的余裕がなくなり

欲求の爆発を防ぐため、情報収集をやめた結果、沼が枯れたといいうよりも

干上がったといった方がしっくりするのが現状です。

 

なので、残念ながら過去記事のような情熱、もといテンションだけで書いた

愛情あふれる記事を書くことができません。

もしかしたら、不快にさせてしまうことがあることをご了承ください。

 

では、ここからガンガン半年たったレビュー、もとい感想を書いていきたいと思います。

 

DAP部門1.HiFiMAN SuperMini

現状、あまり活躍していません。

当初こそはガンガン使用し、楽しんでいたのですが。

ある時、気が付いてしまったのです。

アナログ画面なところも売りなHiFiMAN SuperMini

 

私が普段聴くジャンルでアニソンが含まれた結果…

聴きたい曲が中々見つけられない

キャラがユニットを組んでるとより一層見つからない

そう私が大好きなTHE IDOLM@STER関連がそれにあたります。

ただただ、曲探しですぎる時間…

うわぁああああああああああああ

 

正直、オタクではない人には関係のない悩みかと思います。

固定のバンド、多くても100くらいでしょう

同じ名前の羅列に句点が加わったなんてことは、稀だと思います。 

私もTHE IDOLM@STER関連やアニメ関連の曲さえなければ、とても快適に楽しく使えます。

 

あぁ、だからオタクたちにはAK70が人気なんだと気が付いた次第です。

け、決して馬鹿にしてるんではなく私も同じ穴の狢なので…ご勘弁を…

 

そう言った訳で使用しなくなりました。

あともう一点あるのですが、それは携帯との併用の話です。

 

これも、完全自己都合なのですが

毎日曲を聴いて気持ちが盛り上がり高ぶり過ぎると、後々疲れて体調を崩すことが

増えてきました。

その結果、あまり曲を聴かなくなりました。

聴いても主に少し気持ちが下降気味だな…とか、

仕事終わりの疲れた時にエネルギーをとか、そう言った時に主に聴くようになりました。

 

そして、最近の電車のお供が携帯アプリで聴くラジオ関西『おどろき戦隊モモノキファイブ』

これは、1週間同じ内容をヘビロテしてます。

 

携帯でラジオを聴くようになってから

そもそも携帯に曲を入れることできるじゃん!

いつも見つけられない曲もジャケットからなら、直ぐに発見できるじゃん!

と、SuperMiniを携帯することを辞めてしまった次第です。

 

体調が良くなったり、一般人を装いたくなった時にはSuperMiniで普通の曲を持ち歩くことでしょう。

 

総括

製品としては、とてもよく音も凄く好きですが

今の使用形態とミスマッチなのでお留守番状態だよって話でした。

 

では、このまとめは結構な分量になりそうなので長期連載として

取り扱っていきたいと思います。

 

読む方も、書く方も幸せにならないと思いますので…

【レビュー】1216.ears 4FE

毎度、趣味の話です。

ここ2週間ご無沙汰になってしまい、今までどう記事を書いてたのか

忘れてしてしまうといった失態に見舞われている具合です。

ですので、今回は四苦八苦しながらレビューをまとめています。

 

では、今回の本題に入っていきたいと思います。

 

今回購入したのは、以前にも経緯を記事にさせて貰った1216.earsさんの4FEです。

 

続きを読む

【結果発表】SuperMiniに使用しているmicroSDXCのメーカーはどこ?

毎度、趣味の話です。

今日は、ポタ研の日ですね。皆さん気を付けていってください。

遠い関西地方から指を銜えて、Twitterで情報取集してます(笑)

 

さて先日、HiFiMAN SuperMiniの低価格版の販売が発表されましたね。

来週の25日の発売のようです。

価格も、29,900円と30,000円を切ってきました。

これで、SuperMiniという名の広大な沼にはまる人が増えること間違いなしです。

発表されてから、この弱小ブログのアクセス数も伸びており、

皆さんの関心度の高さがうかがえます。

 

さて、今回のこの記事もこの発表を知っていたかの如く

実施したアンケートの結果発表です。

 

続きを読む