ティラノビルダーで、色々を作った話 その1

今回は、初めてブログタイトルに近しいお話。

 

ことの始まりは昨年、友人との談笑時に、『ランダムアプリ作ってみない?』と誘われたことが切っ掛けでした。

 

それ以前にも、友人から『開発者探すのめんどくさいからシュミレーションゲーム作って』と誘われ、これもまた開発も引き受けていました。

 

ですが、シュミレーションゲームを作成するにあたって、どのゲームエンジンでの作成をするか検討しつつ徐々に先延ばしに逃げていた事もあり、ランダムアプリ開発することが決まったことで、真面目に開発を進めていくこととなりました。

 

ゲームエンジンを選定していく中で情報収集がしやすい、吉里吉里2やYU-RISではやや現代の水準からは古臭く感じてしまい選択肢から除外

 

Artemis Engineも検討しましたが、個人での利用は無料ですが、スクリプトエンジンは簡単に入手できるものではなく、入手するにはメールにて問い合わせ、もしくは公式のフォーラムへ参加する必要があるため、私個人ではハードルが高いと判断し除外

 

Artemis Engineですが、コンフィグにてボイスの音量調整可能と分かっている分、一番開発しやすいエンジンだったのではないかと思います。

 

ここのポイントが、これ以降、開発するにあたってボイスの音量調整問題で泥沼化する原因となったのです。

 

結果、シュミレーションゲーム視点での検討ではなく、ランダムアプリ作成視点でゲームエンジンを検討した結果、ティラノスクリプトに行きつきました。

 

ですが、ティラノスクリプトで使用するタグの一切を熟知していなかった為、ゲーム開発初心者でも簡単にドラッグ&ドロップの直感的な操作で開発することができるティラノビルダーで開発をすることができました。

 

最後の決め手はティラノスクリプトを直接記述することもでき 併用することでイメージしていた環境も実現可能と判断したからです。

 

あ、完全無料。商用利用にも制限なし。アダルトゲームの作成も制限なしというのも選考基準で大きかったです。

 

以上検討した結果、ティラノビルダーを起用し開発を開始しました。

 

ランダムアプリ開発の話は次回以降にまとめたいと思います。